TPPの情報

TPPに関した記事はたくさんあるのですが、情報が少ないのではないかと不安になります。
政府はTPPによるメリットを強調していますが野党やメディアの話を聞いてみると、まるで違っています。
本当のところ、TPPによって何がどう変わるのかが明確になっていないのです。
何となく外国の安い商品が日本に入っているイメージがあります。
しかし、政府は輸出が増えると考えているのです。
それらのプラス面の試算はそれほど多くありません。
ではマイナス面はどれくらいになるのでしょうか。
これもよくわかりません。
新聞などでも情報が不足していると考えている意見が多いようです。カリビアンドットコム
賛成反対をする前に、判断材料となる情報が少ないのです。
これは国民に対して十分な説明がなされていないと言うことです。
そのような状態で、TPP締結に向けた検討を行うと言い出しますから、政治が混乱するのです。
農業団体もこぞって、非難しています。
日本全体のことを考えた上での、政府の対応であれば納得できるでしょうが、多くの国民にとってはよくわからないことばかりなのです。
一番反対している農業団体は関税によって保護されてきたと考えられます。
その保護が過保護になっていると、TPP賛成派は言います。
しかし、関税の仕組みは実は複雑なのです。
色々な農産物に対して一律にかかっているわけではないからです。
詳細な情報を提示して、その上で判断する必要があります。
大枠だけの話をしても議論はかみ合わないのです。
あなたもインターネットで情報を収集してみましょう。

Categories: 未分類