遺産相続と法律

民法には様々なトラブルに対処するための規定があります。
その中に遺産相続に関する項目があることは、皆さんも知っていることでしょう。
法定相続に基づく遺産相続の分配比率は配偶者が2分の1で、残りを子供で等分することになっています。
しかし、現実には物のトリプルエックス価値を分けることができないものもたくさんあります。
例えば家と土地は等分してしまったら、価値はなくなってしまいます。
そのために、数字的なことではなく、相続人当事者たちで話し合うことが大切なのです。
相続人と言っても今まで一緒に暮らしてきた家族なのです。
通常ならばトラブルなどないと思いがちですが、現実はそうではありません。
遺産相続に絡むトラブルが大変多くなっているのです。
親の財産を少しでももらいたいと思うのは悪いことではありませんが、兄弟で仲良く分けてほしいものですよね。
話し合いがつかず、家庭裁判所に持ち込まれるケースも年々増加しているそうです。
法律に基づいて決定することはできるのですが、それは決して良い手段とは言えません。
争うこと自体が不幸なことなのです。
もちろん、裁判を起こすための費用と労力も必要です。
また、家族のきずなと言う大切なものも失ってしまうのです。
遺産相続において遺言書がない場合は、法定相続人での話し合いとなります。
特に問題となるのは相続人の数が多い場合です。
全員の合意が得られないと相続は進められないのです。
映画やドラマのように、どこからともなく相続権を主張する人が現れることもあるのですね。

Categories: 未分類