カテゴリー: 未分類

遺産相続と法律

民法には様々なトラブルに対処するための規定があります。
その中に遺産相続に関する項目があることは、皆さんも知っていることでしょう。
法定相続に基づく遺産相続の分配比率は配偶者が2分の1で、残りを子供で等分することになっています。
しかし、現実には物のトリプルエックス価値を分けることができないものもたくさんあります。
例えば家と土地は等分してしまったら、価値はなくなってしまいます。
そのために、数字的なことではなく、相続人当事者たちで話し合うことが大切なのです。
相続人と言っても今まで一緒に暮らしてきた家族なのです。
通常ならばトラブルなどないと思いがちですが、現実はそうではありません。
遺産相続に絡むトラブルが大変多くなっているのです。
親の財産を少しでももらいたいと思うのは悪いことではありませんが、兄弟で仲良く分けてほしいものですよね。
話し合いがつかず、家庭裁判所に持ち込まれるケースも年々増加しているそうです。
法律に基づいて決定することはできるのですが、それは決して良い手段とは言えません。
争うこと自体が不幸なことなのです。
もちろん、裁判を起こすための費用と労力も必要です。
また、家族のきずなと言う大切なものも失ってしまうのです。
遺産相続において遺言書がない場合は、法定相続人での話し合いとなります。
特に問題となるのは相続人の数が多い場合です。
全員の合意が得られないと相続は進められないのです。
映画やドラマのように、どこからともなく相続権を主張する人が現れることもあるのですね。

Categories: 未分類

韓国語をマスターして韓流ドラマを楽しもう

及川奈央 無修正大好きな韓流ドラマ。字幕や吹き替え無くても楽しむ事が出来たら本当に楽しいでしょうね。今は憧れの韓流スターの声を聞いていたとしてもどこか流して聞いていて、実際は字幕をずっと追いかけている状態だと思います。その追いかけている状況が無くなって、すんなり韓国語が頭に入ってきて意味が分かるようになったら、凄くドラマに集中出来ると思います。字幕無しで韓流ドラマを実際に見てみると、普段見ているドラマとはまた違った味わいで凄く楽しめると思います。「そんな苦労しないで吹き替え版で楽しめば良いのに」と言う意見を言う人も要るとは思いますが、それではせっかくの韓流ドラマの魅力が半減してしまうかもしれません。やっぱり大好きな韓流スターの声でセリフを言ってもらいたいですものね。でも韓国語を勉強したいけれどどうすれば良いか分からないと言う人は多いと思います。考えられる方法としては「スクールに通う」「ラジオやハングル講座を利用する」「独学で勉強する」だと思います。実際にこうした方法で韓国語を習得した方もいるとは思いますが、実際にはなかなか難しいものが有ります。先ずは韓国語を勉強する目的をハッキリとさせる事。これを決めるだけでも勉強の仕方が変わってくると思います。マンツーマンでも良し、グループレッスンでも独学でも良いと思います。目的があれば勉強はどんな方法でも出来るものだと思いますよ。是非韓国語をマスターして大好きな韓流ドラマを大好きな韓流スターの声で聞いてみましょう。

Categories: 未分類

TPPの情報

TPPに関した記事はたくさんあるのですが、情報が少ないのではないかと不安になります。
政府はTPPによるメリットを強調していますが野党やメディアの話を聞いてみると、まるで違っています。
本当のところ、TPPによって何がどう変わるのかが明確になっていないのです。
何となく外国の安い商品が日本に入っているイメージがあります。
しかし、政府は輸出が増えると考えているのです。
それらのプラス面の試算はそれほど多くありません。
ではマイナス面はどれくらいになるのでしょうか。
これもよくわかりません。
新聞などでも情報が不足していると考えている意見が多いようです。カリビアンドットコム
賛成反対をする前に、判断材料となる情報が少ないのです。
これは国民に対して十分な説明がなされていないと言うことです。
そのような状態で、TPP締結に向けた検討を行うと言い出しますから、政治が混乱するのです。
農業団体もこぞって、非難しています。
日本全体のことを考えた上での、政府の対応であれば納得できるでしょうが、多くの国民にとってはよくわからないことばかりなのです。
一番反対している農業団体は関税によって保護されてきたと考えられます。
その保護が過保護になっていると、TPP賛成派は言います。
しかし、関税の仕組みは実は複雑なのです。
色々な農産物に対して一律にかかっているわけではないからです。
詳細な情報を提示して、その上で判断する必要があります。
大枠だけの話をしても議論はかみ合わないのです。
あなたもインターネットで情報を収集してみましょう。

Categories: 未分類

TPPを考える

TPPの本質を考える時には、国際情勢について把握しておくことが大切です。
何故今TPPなのかを問いかけられたら、あなたは答えを持っていますか。
アメリカはTPP参加を日本に強く働きかけています。
今アメリカが米主導のアジア圏形成に向けて、積極的に動き出す理由は何でしょうか。
その戦略はしっかりと押さえておかなければなりません。
民主党の前原外相は2010年10月のあるシンポジウムでこう述べています。
「日本の第1次産業の割合は1.5%しかない。そのために残りの部分が犠牲になっている」のだそうです。
それが不適切な発言であると指摘したマスコミはいませんでした。カリビアンコム
このような誤った考えに鈍くなっているマスコミは多くの人たちから信用されていないのです。
TPP参加をすべての新聞が賛成している状況はとても異常です。
TPPを自分たちのことだと考えていないのでしょうか。
新聞には規制があることは周知の事実です。
それを棚に上げて他の産業のことばかりをニュースとして流しているのです。
オバマ大統領はアメリカが協定を結ぶ目的は国内の雇用創出のためであると明言しています。
日本のためにTPPを勧めているのではないと言うことです。
日本は何のためにTPP参加を検討しているのでしょうか。
国際的な立場とか、アジア圏でのリーダーシップなどは日本に求めるべきではないのかもしれません。
日本がTPPに参加するかどうかは、TPPにとって非常に大きなファクターです。
そのことを意識して、TPPの交渉を進めなければなりません。

Categories: 未分類

TPPと世論

TPPについて国民はどう考えているのでしょうか。
世論調査の結果を見てみましょう。
2011年11月の時点での世論調査を見てみますと、TPP参加についてわからないが4割、関心があるは7割となっています。
野田内閣がTPP参加に向けての交渉を検討することとなった時には、内閣支持率が低下しています。
TPPへの参加については世論も決めかねているようですね。
賛成34%、反対25%と賛成の方が多いのですが、わからないが39%もありますから、もっと議論の行方を見守りたいと言う気持ちでしょうか。
TPPへの参加には反対しないが、東日本大震災の後だけに時期が悪いと考えている人も多いようです。
もちろん、TPPへの参加についてすぐに決まるわけではありません。出会いSNS
十分な議論を行ってから決定することになるでしょう。
野田首相がTPPに関して、各国との協議に入るようです。
そのようなニュースに関心を持っている人が多いのでしょうか。
自分たちの生活を変えてしまうかもしれないと言う不安と、逆に期待を持っている人もいるでしょう。
また、世論調査では支持政党毎のTPP賛成の割合も出ています。
民主党支持層ではTPPに賛成が47%で、反対が17%と大きく差がついています。
しかし、自民党支持層になると、参加すべきが32%、すべきではないが37%と同じくらいになっています。
TPPの行方が気になるところですね。
インターネットの情報などを見ますと、TPPがいいのか悪いのかよくわかりません。
どちらの意見も正しいように見えるからです。
ニュースなどに関心を持つことが大切ですね。

Categories: 未分類